未分類

立会い調査不要で見積可能な解体工事業者サービス・解体の窓口の利用方法や口コミ・評判など

ネットで解体工事業者紹介・解体の窓口とは?

業界初の逆オークション型を採用した工事業者紹介サービス

解体の窓口は、解体工事業者と解体工事を行いたいユーザーをマッチングするサービスです。
AI技術を使うことにより、簡単にかつ正確にユーザーのニーズに合わせた解体業者を割り出し紹介してくれます。

解体の窓口ではユーザーが解体工事を行いたい物件情報と建物の写真を送信後、わずか30秒で各解体工事業者の安い見積もり金額を提示します。
これにより、ユーザーは最も安い解体業者を煩わしい手続きなしで知ることが出来ます。

解体の窓口では逆オークション制を行なっており、解体業者がユーザーに入札する形で見積の提示を行います。その際複数の業者から入札がありますので、ユーザーの希望価格に沿った見積もりを集めることが可能です。この入札制度により、最安値の企業がどこかユーザーは一目瞭然で価格を比較することが出来ます。

今日はそんな解体の窓口の評判や口コミ、使い方についてまとめてみたいと思います。

解体の窓口の特徴6選

写真査定による見積入札システム・わずか30秒で見積を行う

解体の窓口では、AI技術を使いユーザーのニーズに合った解体業者を紹介しています。

建物の種類や解体工事を行う都道府県などの物件情報と合わせて物件の写真を送るだけで、ユーザーの希望に合う解体工事業者の見積もりを比較し、最安値を提示してくれるサービスになっています。

また、解体の窓口では解体工事業者の見積算出にあたり業界初の逆オークション形式を採用しています。
ユーザー情報を確認した解体工事業者が、見積を入札という形でユーザーに提示します。

ユーザーは解体工事業者から提示された見積や工事実績をもとに、お好きな1社を選ぶことができます。

厳しい自社基準を満たした解体工事業者のみ紹介

解体の窓口では、解体工事業者の登録に際し厳しい自社基準を設けています。
年間工事実績や自社の強み、その他資格の有無などの情報を精査し、合格した業者のみ解体の窓口に登録できる仕組みになっています。

賠償保険の加入有無のチェックをはじめ、「解体工事の際の騒音や埃はどう対処しているか?」「近隣への事前挨拶はどのように行なっているか?」などの確認や、「解体工事の際に発生した産業廃棄物の処理を適切に行なっているか?」等のチェックを項目毎に確認しています。

残念ながら解体工事業者の中には無資格で解体業務を行なっていたり、解体工事の許可証を持っていたとしても、産業廃棄物処理に関する許可証を持たずに工事を行なっている業者が存在していることも事実です。

解体の窓口ではユーザーの安全を第一に考え、このような業者は一切登録できない仕組みになっています。解体の窓口がユーザーに紹介する解体工事業者は全て一度自社で精査された業者なので、ユーザーは安心して利用できます。

業者を選ぶまで個人情報を伝える必要がない

解体の窓口で見積を依頼する際には、解体したい建物の住所のみ入力する必要があります。ユーザー自身の現在の住所を入力する必要はありません。

解体工事見積紹介会社の中には、最初から個人情報を全て記載しなくてはならない会社も存在します。
その場合見積依頼を行なった解体工事業者全てにユーザーの現住所が知られてしまう可能性もありますが、解体の窓口ではそのような心配は一切要りません。

業界初のフォトサーベイ機能を使い、業者の現地訪問が不要

従来の解体工事見積会社のサービスでは、見積を算出するにあたり依頼された各解体工事業者が直接現地に行く必要がありました。
また1社1社見積を取るため、ユーザーによる毎回の立会い調査同行義務が手間になりやすいという欠点もありました。

解体の窓口では、業界初のフォトサーベイ機能(画像診断機能)を採用。

フォトサーベイ機能を使うことにより、解体工事業者とユーザー双方の現地訪問の必要がありませんので、その分大幅に手間や時間を削減できます。

また、これまで遠方にお住まいの場合であっても現地訪問などを求められることもありましたが、解体の窓口では画像診断機能を使って見積を算出しますので、遠方であっても正確な解体工事費用をすぐに算出することが出来るようになっています。

各解体業者からの見積提示後は、申し込まなくてもOK

解体の窓口からの見積提示後、ユーザー自身が金額や内容に納得がいかなかった場合は申し込みをしなくても大丈夫です。
この場合、解体の窓口のスタッフがユーザーの代わりに解体工事業者に断りの連絡を入れています。
ユーザー自身が直接連絡を取る必要や、キャンセル料が請求される心配などは一切ありません。

しつこいセールスや営業は一切なし

解体の窓口を利用したユーザーに対し、しつこいセールスや営業がくることは一切ありません。
あくまでもWeb上でのやり取りとなりますので、直接解体工事業者から連絡を受けるようなことも一切ありません。

解体の窓口に依頼するときの流れ

1.解体工事の費用シミュレーションを行う

解体の窓口のHP上のフォームから費用のシミュレーションページに行き、ユーザーが解体工事を行いたい物件情報(どんな建物か・坪数・住所など)とお客様情報(氏名・電話番号・メールアドレス)のみ入力を行います。
またこの際該当物件の写真を併せて送付します。
この際、ユーザーの現住所やその他の情報は一切要求されることはありません。

2.ユーザーの情報をもとに各解体工事業者から入札が入る

解体の窓口に登録している各解体工事業者が、ユーザーから与えられた情報をもとに見積を算出します。
見積算出後、ユーザーのもとに各解体工事業者から入札が入ります。
逆オークション形式ですので、ユーザーは提示された見積の中から最安値の解体工事業者を選ぶことが出来ます。

通常見積算出の際は、現地調査や立会いが必要な場合がほとんどです。解体の窓口ではフォトサーベイ機能(画像診断機能)を使うことにより、現地調査や立会いを行わずに見積を受け取ることが出来る仕組みになっています。
ユーザーは時間を割かれることなく、家にいながらにして手続きを進めることが出来ます。

3.選定した解体工事業者と契約・工事を行う

2で選定した解体工事業者と契約を行います。
この際、契約を行わない業者には解体の窓口側のスタッフが代行して断りの連絡を入れてくれます。ユーザー自身が一件一件連絡する必要はありません。

また、選定した解体工事業者以外にユーザーの情報が伝えられることもありません。

契約終了後、解体工事を決められた期日に行います。
一軒家の場合は大体5日〜7日で終わることがほとんどのようです。

解体の窓口を実際に利用した方の口コミ・評価など

解体の窓口を実際に利用し解体工事を行なった方の口コミや評価などを集めてみました。

解体工事をすることになった時、どこの業者に頼んだら良いのか分かりませんでした。
ネットで評判の良さそうだった業者にお願いしようと思いましたが、なんとなく直接連絡をすることに抵抗があり、そんな時に解体の窓口のことを知りました。
試しに見積を取ろうと依頼をしたところ、1分もかからないうちに近所の解体工事業者が表示されてびっくりしました。その中の1社に工事を依頼しましたが、解体工事前から終了後までとても親切・そして解体工事自体も迅速に綺麗に行なってくれて助かりました。

解体工事業者の比較サイトがあるということを知りませんでしたが、ネットで解体の窓口のことを知り今回依頼しました。一番の魅力は安さだと思います。
提示していただいた解体業者の中から一番安い業者に依頼をしましたが、とても動きが早く依頼から解体工事終了まで2週間くらいで終わりました。立会い調査などもなかったので良かったです。

遠方の実家の取り壊しのため利用。遠方の解体工事を請け負ってくれる業者が見つからず困っていましたが、立会い調査の必要なしとのことで解体の窓口を利用しました。実際まったく現地にいくことなく解体工事を行うことができました。金額も良心的だったと思います。

いくつかの解体業者から見積を提示されました。その中から一番信用できそうな業者を選びましたが、残りの業者には解体の窓口のスタッフが代わりに連絡をしてくれたので良かったです。
また何か解体工事の必要性が出た時は、利用したいと思います。

評価やレビューを見ると、やはり立会いをしなくて良いことと安価で解体工事ができるということがメリットだと捉えた方が多そうです。

解体の窓口を利用するメリット

立会い調査の必要がなく、時間の短縮が可能

通常、解体工事を依頼する際は解体工事業者とユーザー双方の立会いのもと現地調査を行う必要がありました。現在でも解体の窓口以外のサービスを利用する際には立会い調査を求められる場合がほとんどです。

解体の窓口では業界初のフォトサーベイ機能(画像診断機能)を利用することにより、現地調査抜きでの見積の算定を可能にしています。
また、これまで遠方のご実家などの解体工事の依頼であってもなるべく立会い調査が求められてきました。解体の窓口では日本全国どこでも、家にいながら解体工事の見積を受け取ることができるので利用しやすいサービスと言えるでしょう。

逆オークション方式により、適正価格で施工可能

解体の窓口では逆オークション方式をとっています。
ユーザーから与えられた情報をもとに各解体業者が入札形式で見積を提示しますので、ユーザーはその中から最安値の解体工事業者に依頼をすることが出来ます。
また、解体の窓口に登録されている解体工事業者は全て自社基準に合格をした有料解体工事業者です。
適正価格で工事を行う業者しか登録されていないため、法外な費用を請求される心配もありません。

逆オークション方式を取ることにより、複数の解体工事業者からの連絡を受ける必要はなく、ユーザーのニーズに合わせた最適な業者を選ぶことが出来ます。

業者側も時間の短縮になり、その分安価で工事が行える

立会い調査不要・またその他解体工事を行う前のヒヤリングなども解体の窓口側が行うため、解体工事業者にとっても手間が省け時間の短縮が可能になっています。
通常立会い調査では、解体工事業者が現場に赴いて直接ユーザーからヒヤリングを行なっていましたが、その必要がない分安価で工事を施工することが出来ます。

業者側にとってもユーザー側にとっても、無駄のないやり取りを行えることが解体の窓口の高い評価に繋がっています。

解体の窓口で解体工事を行う際の解体工事費用の目安は?

木造住宅を解体する場合

木造住宅を解体する場合の通常費用は地域差もありますが、1坪あたり北海道で26,000円、東京で45,000円と言われています。

また、隣の住宅との距離や重機が入れるか?など周辺環境によっても価格が左右する場合があります。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造の場合

鉄骨造には軽量鉄骨造と重量鉄骨造との2種類があり、小規模な建物に用いられる軽量鉄骨造の相場は、1坪当たり約35,000円です。大きな建物に用いられる重量鉄骨造での解体費用相場は、1坪当たり約45,000円となっています。

どちらも地域や建築方法により価格は変動することがあります。また、築年数や立地条件によっても価格は変動します。

解体の窓口はこんな方にオススメ!

立会い調査の時間が取れない方

解体の窓口ではフォトサーベイ機能を使うことにより、ユーザーの立会いなしでの見積算出が可能になっています。
立ち会う時間がない方や遠方にお住まいの方、また直接解体工事業者と顔を合わせたくない方でも安心して利用することが出来ます。

少しでも価格を抑えて解体工事を行いたい方

解体の窓口では逆オークション形式を採用。
ユーザーが出品者・解体工事業者が落札者としてやり取りを行います。
各解体工事業者はそれぞれ見積を提示することでユーザーの解体工事に入札を行います。
その中からユーザーの希望価格やニーズに合った業者をユーザー自身が選ぶことができます。入札制度を取ることにより少しでも安く解体業者も価格を提示して来ますので、最安値での解体工事依頼が可能です。

すぐに解体工事を行いたい方

すぐに解体工事を行いたい方にも解体の窓口はオススメです。
立会い調査や解体工事業者とのやり取りがない分、時間の短縮ができすぐに工事を行うことが出来ます。
通常見積を取る場合は複数の解体工事業者との日程調整が必要でしたが、解体の窓口でしたらその必要は一切ありません。

まとめ〜解体の窓口の一番の魅力とは?〜

今回は解体の窓口について、利用方法や評価・口コミなどをまとめました。
解体の窓口の一番の魅力は、やはり安さではないでしょうか。
ユーザーとしては、少しでも安く工事を行いたいですよね。個人で業者を探し依頼をする場合、数社の見積を取るためには何度も解体工事業者とのやり取りをしなくてはならなかったり、立会い調査も業者ごとに必要です。
時間も手間もかかりますし、遠方の場合は交通費もかかりますよね。

解体の窓口では立会い調査などを行わない分経費削減ができ、安価で解体工事をお願いできるそうです。
これが、解体の窓口の一番の良いところなのではないかな?と思いました。

楽に解体工事を行いたい、そんな方に解体の窓口はオススメできます。